2009年01月18日

どじょう研究会 第10回研修会

どじょう研究会 第10回研修会のご案内です。
前回のアルカリ障害土に引き続き、今回は現地発生土の利用について、
杉本英夫氏をお迎えしお話しを伺います。


■日本ランドスケープ技術講座どじょう研究会 第10回研修会
 循環型社会における植栽基盤整備
「現地発生土の利用 こんな土でも、こうすれば使えます!」
                        
従来の植栽基盤整備は、購入客土(東京周辺では関東ロームの下層土)の
盛土による整備が主な方法となっていました。
しかし循環型社会への移行にともない、今後は現地発生土の利用が
強く求められることになります。
今回は、現地発生土の緑化利用に関して多くの実績をお持ちである
杉本英夫氏をお迎えし、お話を伺います。
これまでの研究成果と実績にもとづいたお話しをお聞きする良い
機会となりますので、奮ってご参加下さい。

● 開催日 平成21年2月12日(木) 午後6時30分〜8時30分
● 会場 千駄ヶ谷区民会館(地図
  東京都渋谷区神宮前1-1-10 
      Tel03-3402-7854
● 講師  杉本英夫(株式会社大林組)
● 参加費  会員 社会人 1,000円/学生  500円     
       非会員 社会人 1,500円/学生 1,000円
● 募集人数 40名程度
   杉本英夫氏のプロフィール
   株式会社大林組 技術研究所環境技術研究部 主任研究員
  日本緑化工学会評議員 日本沙漠学会乾燥地農学分科会幹事
  「建設発生土の緑化利用に関する研究(1〜6)」、
  「伐採材・脱水ケーキのリサイクルによる新しい緑化技術」
  「ソイルセメント排泥改良土の有効性の確認」など多くの
   研究報告をされています。
     
● 参加ご希望の方は
  お名前・会員種別(正会員/学生会員/非会員/学生会員)
  所属(連絡先・電話・メール等)をご記入の上、下記へ

申込先 (有)エル・エス研究所 美濃又哲男  
    E-mail:fwij2713アットマークmb.infoweb.ne.jp
  2月10日(火)までにご連絡下さい。
posted by JLF BLOG at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | どじょう研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

JLF新春特別講演会「野村勘治 欧州の仕事」

本年もJLFをよろしくお願いいたします。
新春特別講演会のお知らせです。
作庭家 野村勘治さんが近年ヨーロッパで手がけられた4つの作庭事例について、スライドをまじえて詳しく解説してくださいます。引続いてJLF新年会も行います。皆様ふるってご参加ください。

■日  時  平成21年 1月17日(土)
       受付開始 2:00
       講演会  2:30〜4:30(休憩・質疑応答含む)
       新年会  5:00〜7:00(新年会のみの参加も歓迎)

■会  場  東京農業大学 「食と農」の博物館(リンク先に地図があります)
       世田谷区上用賀2-4-28 TEL:03-5477-4033 
       新年会も博物館内カフェプチラディッシュにて開催 

■募集人員  40名
    
■参加費用  会 員 社会人 1,000円  学生 500円
       非会員 社会人 1,500円  学生 1,000円
       新年会費用   3,000円

■主  催  日本ランドスケープフォーラム

■企  画  松本恵樹(春秋設計工房)・細野達哉 
  
■申込〆切  1月13日(火)

■申込み先  春秋設計工房(松本)
        FAX 042-444-1202 (チラシをダウンロードの上記入)    
       または infoアットマークshunjyuu.com にてお願いします。
       
メールの場合は下記をご記入のうえ送信ください。
お名前・会員区分(会員・非会員・会員学生・非会員学生)  
所属・連絡先(TEL/FAX)・ご住所(自宅または勤務先)
新年会出欠 

■チラシ(PDF)■
kouenkai090117.pdf
posted by JLF BLOG at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

訃 報

JLF会員である伊藤大也さんが2008年12月に逝去されました。
ここに慎んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。
(JLF HP内訃報)
posted by JLF BLOG at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | JLFからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

どじょう研究会「アルカリ障害土の現状と対策」

土壌をめぐるさまざまな課題を取り上げるJLF技術講座、「どじょう研究会」の第9回研修会です。

循環型社会への移行にともない、建設発生土の緑地への活用が推し進められています。
建設発生土は地盤安定化のために石灰処理されていることが多く、pHは強アルカリ性となり植物の成育に悪影響を与えている場合が少なくありません。
今回はこの問題に関する第一人者である木田幸男氏を講師にお迎えし、アルカリ障害土問題の現状と対策についてお話していただきます。

■日時 2008年12月10日(水) 18:30-20:30

■場所 千駄ヶ谷区民会館 

■講師 木田幸男 (東邦レオ株式会社)

■参加費 会員 社会人 1000円/学生  500円
    非会員 社会人 1500円/学生 1000円

■募集人数 40名程度

■申込・問合せ先 (有)エル・エス研究所 美濃又哲男
         fwij2713アットマークmb.infoweb.ne.jp

■申込は、 氏名・会員種別・所属・連絡先(住所・電話・e-mail)
ご記入の上12/6までにご連絡ください。

posted by JLF BLOG at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | どじょう研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

ランドスケープを語る会 戸恒 浩人氏

ランドスケープを語る会、今回は有限会社 シリウス ライティング オフィスの戸恒氏をお招きし、景観と光について語って頂きます。
戸恒氏は2012年春開業予定の東京スカイツリー(新東京タワー)のライトアップも手掛けている、照明業界で今最も注目されているデザイナーのひとりです。皆様、奮ってご参加下さい。

■ 日 時 : 2008年12月11日(木) 18:30〜20:00
■ 会 場 :東京ミッドタウン・デザインハブ内(アクセス
        九州大学 芸術工学部東京サイト
        東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
* 都営地下鉄大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
* 東京メトロ日比谷線「六本木駅」地下通路にて直結
■ 講 師 : 有限会社 シリウス ライティング オフィス 代表 戸恒 浩人氏
■ 参加費 :会 員 社会人 1,000円 / 学生 500円
      非会員 社会人 1,500円 / 学生 1,000円

■ 募集人数 : 30名程度 (定員に達し次第締め切り)
   ※ 尚、12月5日(金)まではこのうち10名分はJLF会員優先枠となります。
     それ以降は会員、非会員と定員枠まで制限なしとなります。
■ 企 画 : 原田 武敏 (焔光景デザイン)
      古賀 健一 (株式会社 戸田芳樹風景計画)
■ 懇親会 : 講演会終了後、会場周辺で懇親会も予定しています。

■ 申込・問合 : 原田 contactアットマークhomura-lsd.comまで
         下記をおしらせください。
         ・お名前・会員種別・所属・連絡先(E-Mail/TEL)・懇親会の出欠
        

■ 詳しい情報はこちら。 JLF_20081211.pdf

posted by JLF BLOG at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープを語る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

土曜ブランチ×ランドスケープを読み解く会

『土曜ブランチ』と『ランドスケープを読み解く会』のコラボ企画です。
場所は上野公園の美術館や池之端など辺。秋の一日、上野周辺のアートと庭園を楽しむ機会です。
ふるってご参加ください。


■日時 2008年11月29日(土)

■集合場所 カフェすいれん 国立西洋美術館

■当日スケジュール(くわしくはこちらをどうぞ)

  11:00- 土曜ブランチ
  12:30- 国立博物館庭園
  14:30- ランドスケープを読み解く会 横山大観記念館
  15:45- 旧岩崎邸
  17:00- 懇親会(希望者)

■参加費  土曜ブランチ:無料(カフェ飲食費は各自支払い)
      ランドスケープを読み解く会:500円(資料代)
      そのほか見学先でそれぞれ入場料がかかります。

posted by JLF BLOG at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープを読み解く会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

花と緑を語る会in福岡

花と緑を語る会in福岡、11月例会のおしらせです。


今回は、『大震災に対応した国営公園の記録』と題し、公園の防災機能をテーマに、2004年新潟県中越地震当時、国営越後丘陵公園の管理責任者だった山村尚志氏をお迎えします。中越地震では国営越後丘陵公園はそれ自体が被災しながらも災害復旧におおきな役割を果たしました。当時のいろいろな体験をおうかがいします。

■日時 2008年11月19日(水) 18:30-20:30

■話題提供 山村尚志氏(国営海の中道海浜公園 管理センター長) 

■場所 福岡市文学館(赤煉瓦文化館)2F第3会議室
    福岡市天神1-15-30 092-722-4666 

■座長 中村正博(森緑地設計事務所福岡事務所長)

■企画 藤内誠一(JLF会員 森緑地設計事務所)

■参加費 無料

■申込 メール tohnaiアットマークmoriryokuchi.co.jp
までお願いします。
posted by JLF BLOG at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 花と緑を語る会in福岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

樹木千夜一夜 13回

ランドスケープアーキテクトのための樹木講座、樹木千夜一夜
今回はじっさいに植栽がある場で解説を聞くフィールド編の第2回です。

フィールドは北の丸公園です。外周部は皇居の森と一体感をたもつためクスノキ・タブノキ・スダジイなどの常緑樹が植栽されています。
また中央部には明るい芝生地と池が配置され、周辺にはヤマモミジ・ケヤキ・コナラ・クヌギなどの落葉樹や花木・実のなる木が多く植えられ、秋には紅葉がみられます。



■日時:2008年11月22日(土) 13:30-16:00

■場所: 集合 北の丸公園田安門前(地図)
     東京メトロ 東西線・半蔵門線 九段下 2番出口徒歩5分

■講師: 新井孝次朗(株式会社富沢造園)

■参加費: 1000円

■募集人数: 30人程度

■企画: 戸田芳樹・石井博史(株式会社戸田芳樹風景計画)

■申込: 参加ご希望の方は下記を明記の上、下記までメールでご連絡ください。

 (株)戸田芳樹風景計画 石井 toda_fuアットマークtodafu.co.jp
11月17日が締切りとなります。

posted by JLF BLOG at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木千夜一夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

JLFスケッチ塾 第6回

JLFスケッチ塾の第6回、今回も屋外スケッチです。

第6回は、大都会東京の真ん中にあって武蔵野の植生が残されている自然教育園を訪れ、自然植生の姿、群落をじっくり観察して描いていただきます。皆さまのご参加をお待ちしております。

第6回 「絵を描く」ことに親しむ =自然園の樹木や植物群落を描く

■日 時: 2008年11月15日(土) 13:00(集合)〜16:30
■場 所: 自然教育園  入口集合

JR山手線「目黒駅」東口より徒歩7分
東京メトロ南北線/都営地下鉄三田線「白金台駅」出口1より徒歩4分

所在地=東京都港区白金台5丁目21番5号  <地図>

*雨天の場合は屋内空間(未定)でスケッチを行います。

■講 師: 高崎 康隆(高崎設計室求j
     室田 秀男(泣zワイトスペース)
     阿部 勉(潟\シオトープ)
■持ち物: A5からF6判程度のスケッチブック、カメラまたはデジタルカメラ、
     鉛筆・鉛筆削り・消しゴム(またはペン)、その他各自の使いたいスケッチ用画材、腰掛
■参加費: 会員500円、 非会員1000円
     *終了後、懇親会を行います。(参加費別途)
■申込先: 参加ご希望の方は、e-mail: miyawakiアットマークindigo.plala.or.jp(担当:宮脇 修)
     まで下記の事項をご連絡ください。<11月13日(木)まで>
  ・お名前 ・連絡先(e-mailまたはTEL) ・会員/非会員 ・懇親会参加する/しない


チラシです。スケッチ塾(第6回)のご案内.pdf

posted by JLF BLOG at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | JLFスケッチ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

LDSE(関東学生ランドスケープ作品展)2008

ランドスケープに関わる展示のお知らせです。
LDSE((関東学生ランドスケープ作品展)=ランドスケープに関連するカリキュラムを持つ関東の大学が共同して、学生が主体的に企画運営し、作品の展示会および講評会・ワークショップなどを行うものです。
今年も11月の2週間にわたって行われます。


LDSE2008「風景ソウゾウ」

○会期
2008年11月8日〜11月18日(10:00~16:00)

○会場
国営昭和記念公園 花みどり文化センターギャラリー
(立川市緑町 JR中央線「立川駅」徒歩約10分)

○講評会
2008年11月16日(日) 10:30~16:00

○講評者
栗生明(千葉大学教授)
佐々木葉二(京都造形芸術大学教授)
佐藤賢一(多摩美術大学非常勤講師)
戸田知佐(関東学院大学非常勤講師)
*敬称略、五十音順

○主なイベント
2008年11月9日
・ポスターセッション(10:00~12:00)
・ワークショップ(13:00~16:00)
2008年11月16日
・講評会(上記参照)

○もっと詳しい情報が知りたい方は、LDSE2008のHPへお越し下さい!!
posted by JLF BLOG at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。