2009年02月24日

JLFスケッチ塾第8回 ジョイント企画

JLFスケッチ塾、2月にひきつづいて3月も行います。
今月は屋外で冬枯れの樹木を描きます。葉がないために、樹木の枝ぶり、構造をよく観察して描くことができます。
今回は風景探偵団とのジョイント企画。同日の午前中に約2時間実施します。時間があるかたは午後1時15分からの風景探偵団も一緒にどうぞ。

■日時 2009年3月20日(金・祝) 10:00-12:00
    雨天決行です。

■場所 東京大学小石川植物園
    正門前集合

    都営地下鉄三田線・白山駅徒歩10分
    東京メトロ丸の内線・茗荷谷駅徒歩15分

■講師 室田秀夫((有)ホワイトスペース)
     阿部 勉((株)ソシオトープ)

■参加費 会員300円・非会員500円+入園料

■持物 各自の使いたい画材で結構です。
    ただし時間が短いのでそれぞれのスピードに応じて選びましょう。

■参加ご希望の方は 担当:宮脇までメールでご連絡ください。
          miyawakiアットマークindigo.plala.or.jp
お名前・連絡先(TEL/E-Mail)・会員/非会員種別をおしらせください。

チラシです。JLFsketch8th.pdf
 
posted by JLF BLOG at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | JLFスケッチ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

JLFスケッチ塾 第7回

JLFスケッチ塾、第7回目の今回は「自画像」です。
風景や対象物をじっと見て描いてきたスケッチ塾ですが、
人物スケッチの一環として、この際一度自分自身をじっくり見てみようかという企画です。
ふるってご参加ください。

■日時: 2009年2月14日(土) 13:00-16:30

■場所: E&Gアカデミー(東京校) 地図
     台東区柳橋2-4-2 宮木ビル5F

■講師: 高崎 康隆(高崎設計室求j
     室田 秀男(泣zワイトスペース)
     阿部 勉(潟\シオトープ)

■持ち物: B4程度のスケッチブック、鉛筆、鉛筆削り、消しゴム、
      その他色鉛筆または水彩絵具など各自使いたいスケッチ用画材、
      手鏡、デジタルカメラ
■参加費: 会員500円、 非会員1000円
      *終了後、懇親会を行います。(参加費別途)

■申込: miyawakiアットマークindigo.plala.or.jp(担当:宮脇 修)まで
     下記をご連絡ください。<2月12日(木)まで>
     ・お名前 ・連絡先(e-mailまたはTEL) ・会員/非会員
      懇親会参加する/しない

チラシです。
sketch#7-090214.pdf
posted by JLF BLOG at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | JLFスケッチ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

JLFスケッチ塾 第6回

JLFスケッチ塾の第6回、今回も屋外スケッチです。

第6回は、大都会東京の真ん中にあって武蔵野の植生が残されている自然教育園を訪れ、自然植生の姿、群落をじっくり観察して描いていただきます。皆さまのご参加をお待ちしております。

第6回 「絵を描く」ことに親しむ =自然園の樹木や植物群落を描く

■日 時: 2008年11月15日(土) 13:00(集合)〜16:30
■場 所: 自然教育園  入口集合

JR山手線「目黒駅」東口より徒歩7分
東京メトロ南北線/都営地下鉄三田線「白金台駅」出口1より徒歩4分

所在地=東京都港区白金台5丁目21番5号  <地図>

*雨天の場合は屋内空間(未定)でスケッチを行います。

■講 師: 高崎 康隆(高崎設計室求j
     室田 秀男(泣zワイトスペース)
     阿部 勉(潟\シオトープ)
■持ち物: A5からF6判程度のスケッチブック、カメラまたはデジタルカメラ、
     鉛筆・鉛筆削り・消しゴム(またはペン)、その他各自の使いたいスケッチ用画材、腰掛
■参加費: 会員500円、 非会員1000円
     *終了後、懇親会を行います。(参加費別途)
■申込先: 参加ご希望の方は、e-mail: miyawakiアットマークindigo.plala.or.jp(担当:宮脇 修)
     まで下記の事項をご連絡ください。<11月13日(木)まで>
  ・お名前 ・連絡先(e-mailまたはTEL) ・会員/非会員 ・懇親会参加する/しない


チラシです。スケッチ塾(第6回)のご案内.pdf

posted by JLF BLOG at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | JLFスケッチ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

JLFスケッチ塾第5回

JLFスケッチ塾の第5回。
今回は日本庭園に行き、風景のスケッチをおこないます。


第5回 「絵を描く」ことに親しむ =庭園を描く

■日 時: 2008年10月11日(土) 13:00(集合)〜16:30
■場 所: 小石川後楽園 西門前(入口)集合 
     
    * 当日遅れる場合は、090-7193-2633(宮脇)までご連絡ください。

■講 師: 高崎 康隆(高崎設計室求j
     室田 秀男(泣zワイトスペース)
     阿部 勉(潟\シオトープ)
■持ち物: A5からF6判程度のスケッチブック、カメラまたはデジタルカメラ、
     鉛筆・鉛筆削り・消しゴム(またはペン)、
     その他各自の使いたいスケッチ用画材、腰掛
■参加費: 会員500円、 非会員1000円
     *終了後、懇親会を行います。(参加費別途)
■申込先:e-mail: miyawakiアットマークindigo.plala.or.jp(担当:宮脇 修)まで
下記の事項をご連絡ください。<10月9日(木)まで>
・お名前 ・連絡先(e-mailまたはTEL) ・会員/非会員 ・懇親会参加する/しない


チラシです

JLFsketch5th.pdf
posted by JLF BLOG at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | JLFスケッチ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

夏のイベント紹介−2 JLFスケッチ塾

3月のプロローグからかぞえてJLFスケッチ塾は今回で4回目。

前回の屋外スケッチからかわって今回はまず室内で対象を描きます。
今回のテーマは「不定形なもの」。
水や光、風のうごきなど決まった形をもたない、ランドスケープの重要な要素。
スケッチのなかで自分なりにそれを描けるとずっと表現力があがるはずです。

じっくりと練習してから会場ちかくの川へいってのスケッチも予定しています。
ふるってご参加ください。

■日時 2008年7月26日(土) 13:00-16:30(受付12:30-)

■場所 E&Gアカデミー 東京校(参照) 
    台東区柳橋2-4-2 宮木ビル5F

■講師 高崎康隆((有)高崎設計室)
    室田秀男((有)ホワイトスペース)
    阿部 勉((株)ソシオトープ)

■持物 B4程度のスケッチブック、鉛筆その他各自に適した画材

■参加費 会員 500円/ 非会員 1000円

■申込 miyawakiアットマークindigo.plala.or.jp までメールでお申込みください
 (申込期限 7月24日まで)

チラシはこちらJLFsketch0726.pdf
posted by JLF BLOG at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | JLFスケッチ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

JLFスケッチ塾 プロローグ報告・第2回のおしらせ

3月15日に開催したJLFスケッチ塾プロローグでは、33名の学生や一般の方々に参加いただきました。
アイデアの変遷をエスキースでたどれるもの、デザイナーのイメージの広がりがそのまま表現となっているもの、プレゼンのためのスケッチ、風景のスケッチなどそれぞれ個性豊かなものばかりで、充実した内容となりました。貴重な絵のデータを快く提供くださった方々に感謝申し上げます。


sketch0315.jpg

スケッチを提供いただいた方は以下の通りです(五十音順・敬称略)
阿部 勉(株式会社ソシオトープ)
猪狩経明(有限会社景アトリエ)
大橋 鎬志(株式会社M&N環境計画研究所)
荻野達雄(有限会社ホワイトスペース)
佐々木 葉二(鳳コンサルタント環境デザイン研究所)
高崎康隆(有限会社高崎設計室)
地福由紀(有限会社アトリエ福)
鄭 雄男(株式会社苑環境計画)
松本 恵樹(有限会社春秋設計工房)
水沼 むつみ(水沼むつみ建築・環境デザインスタジオ)
横山 裕幸(有限会社横山環境計画事務所)
吉澤 力(株式会社戸田芳樹風景計画)


RIMG10673-2.jpgRIMG10662.JPG

第2回JLFスケッチ塾のおしらせ

第2回は室内で石や枝などランドスケープにつきものの自然素材をじっくり観察して描いていただきます。また、画材と技法の解説も行います。皆さまのご参加をお待ちしております。

第2回 「絵を描く」ことに親しむ=室内で石や枝を描く、画材と技法の解説
■日 時: 2008年4月19日(土) 13:00〜16:30(受付12:30)
■場 所: E&Gアカデミー(東京校)
東京都台東区柳橋2-4-2 宮木ビル5F
JR総武線「浅草橋」駅東口より徒歩3分
都営地下鉄浅草線「浅草橋」駅A6出口より徒歩1分
※E&Gアカデミーは、前回実施の場所から教室が
移転しましたのでご注意ください。



大きな地図で見る

■講 師: 高崎 康隆(高崎設計室求j
室田 秀男(泣zワイトスペース)
阿部 勉(潟\シオトープ)
■持ち物: B4程度のスケッチブック、鉛筆、鉛筆削り、消しゴム
または自分の使いたいデッサン用画材
■参加費: 会員500円、 非会員1000円
*終了後、懇親会を行います。(参加費別途)
■申込先:
参加ご希望の方は、 miyawakiアットindigo.plala.or.jp(担当:宮脇 修)まで
下記の事項をご連絡ください。<4月17日(木)まで>

詳細チラシはこちらスケッチ塾(第2回)のご案内.pdf
posted by JLF BLOG at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | JLFスケッチ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

JLFスケッチ塾プロローグのお知らせ

前回記事でお知らせしたJLFスケッチ塾プロローグ、
「絵を描く」ことに親しむ=ベテランデザイナーたちのスケッチ鑑賞会
の詳細です。


■日 時: 2008年3月15日(土) 13:00〜16:30(受付12:30)
■場 所: E&Gアカデミー(東京校)
     東京都台東区柳橋2−19−6 秀和柳橋ビル4F
     JR総武線 「浅草橋」駅東口より徒歩5分
     都営地下鉄浅草線 「浅草橋」駅A6出口より徒歩4分


     
大きな地図で見る

■講 師: 高崎 康隆(高崎設計室求j
     室田 秀男(泣zワイトスペース)
     阿部 勉(潟\シオトープ)
■持ち物: 各自が使用しているスケッチブック
■参加費: 会員500円、 非会員1000円
     *終了後、懇親会を行います。(参加費別途)
■申込先:
参加ご希望の方は、e-mail: miyawakiアットマークindigo.plala.or.jp(担当:宮脇 修)まで
下記の事項をご連絡ください。<3月13日(木)まで>
・お名前 ・連絡先(e-mailまたはTEL) ・会員/非会員 ・懇親会参加する/しない

チラシはこちらJLFsketch0315

ご参加お待ちしています。

posted by JLF BLOG at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | JLFスケッチ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

JLFスケッチ塾開講のおしらせ

JLFではあたらしいスケッチ塾「JLFスケッチ塾」を開講することになりました。


*デザインのプロセスを念頭におきながらスケッチを描く、いろいろな画材や技法でスケッチを描く、自然の造形や風景を見てスケッチを描くなど、ランドスケープデザイン・ガーデンデザインなどの実地でつかえるスケッチ技術をめざしたメニューを企画します。

*デザインの実務に携わる経験豊富な方々が仕事の中で描かれている絵を見る機会、あるいは講師にお招きしてお話をうかがう機会なども計画中です。

*昨年終了した「風景スケッチ塾」のあとを受け、ことなる切り口でスケッチにアプローチをこころみる企画です。
「風景スケッチ塾」は現在NPO法人・景観デザイン支援機構(TDA)が主催する「まちなみスケッチ塾」として継続されています。ご興味のある方はこちらをご覧ください。


まずプロローグとして、さまざまなランドスケープアーキテクトの絵を見せていただく鑑賞会を開催します。
ランドスケープをまなぶ学生、この仕事をはじめた若手のみなさんなど参考になる部分も多いと思います。
ふるってご参加ください。

第1回 プロローグ
  テーマ:「絵を描く」ことに親しむ
  =ベテランデザイナーたちのスケッチ鑑賞会
  ・日時: 2008年3月15日(土) 13時より
  ・場所: E&Gアカデミー(東京・浅草橋)
 ・講師: 高崎、室田、阿部
   詳細は2月末頃、ご案内する予定です。


2回以降も詳細がきまり次第、順次ご案内します。

おしらせのチラシ→
JLFsketchacademy.pdf

posted by JLF BLOG at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | JLFスケッチ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。