2008年12月02日

どじょう研究会「アルカリ障害土の現状と対策」

土壌をめぐるさまざまな課題を取り上げるJLF技術講座、「どじょう研究会」の第9回研修会です。

循環型社会への移行にともない、建設発生土の緑地への活用が推し進められています。
建設発生土は地盤安定化のために石灰処理されていることが多く、pHは強アルカリ性となり植物の成育に悪影響を与えている場合が少なくありません。
今回はこの問題に関する第一人者である木田幸男氏を講師にお迎えし、アルカリ障害土問題の現状と対策についてお話していただきます。

■日時 2008年12月10日(水) 18:30-20:30

■場所 千駄ヶ谷区民会館 

■講師 木田幸男 (東邦レオ株式会社)

■参加費 会員 社会人 1000円/学生  500円
    非会員 社会人 1500円/学生 1000円

■募集人数 40名程度

■申込・問合せ先 (有)エル・エス研究所 美濃又哲男
         fwij2713アットマークmb.infoweb.ne.jp

■申込は、 氏名・会員種別・所属・連絡先(住所・電話・e-mail)
ご記入の上12/6までにご連絡ください。

posted by JLF BLOG at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | どじょう研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110565784
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。